センス、才能がない凡人28号の受験突破方法(参考書、参考動画を紹介)

筆記試験しか取り柄のない主が勉強の参考になる本、動画を紹介。

将棋 無理なく級位者から有段者になる方法

今回は将棋経験のない人間がどのように無理なく、有段者になったかということについて書きたい。

結論から言うと、私は主に以下の3つを行った。

①CPUとの対戦

②将棋実況動画の視聴

詰将棋

以上の3点について具体的に書きたい。

 

まず、①については誰でもしていることだと思う。場数を踏まなければ、どんなこともできるようにならないからだ。しかし、初心者のときは誰かと対局するのは少し恥ずかしいと思う。あまりに将棋の知識、経験がないからだ。

そこで、私はハム将棋というCPUと対戦することを通じて、経験値を増やした。初心者向けに設計されていたので、始めたばかりのころでも3回に1度くらいは勝てた。ここで勝ったり。負けたり、を繰り返すことで自分なりに色々と学んだ。ハム将棋に対して、負けなくなったころから、きのあ将棋というCPUと対戦するようになったが、このCPUに対してはあまり、勝てなかった。その段階で初めて将棋の勉強を本格的に始めた。

 

次に②の段階に移った。私が将棋を始めた頃はyoutubeでchronoさんだけが将棋実況動画を配信していたので、これを毎日視聴した。初心者向けに解説されていて、非常に分かりやすかった。この動画だけでほぼすべての将棋の知識を吸収した。

現在は色々な人が将棋実況動画をUPしているので、自分に合った動画を見るようにするべきだと思う。

 

最後に③詰将棋を行った。終盤力を鍛えるためだ。しかし、実際には序盤、中盤も詰将棋を通じて強くなったと思う。頭の中で駒を動かして先読みする訓練になるので、自分の将棋の実力が底上げされたのだと思う。

 

②③を通じて自分の実力をゆっくり上げながら、きのあ将棋と対戦し続けると少しずつきのあ将棋にも勝てるようになった。現在は、きのあ将棋の中級、上級に対して5割くらいの勝率である。これぐらいの勝率になるとおそらく将棋ウォーズ初段くらいの棋力になると思う。

もちろん、個人差はあると思うが、この方法で誰でも時間をかければ、初段になれると思う。

初段になると将棋がより一層面白く感じるので、頑張ってみてほしい。

 

毎日たった30分でいい成績をとる方法

基本的に勉強時間が多いほど、成績は伸びるので、可能ならば、できる限り勉強時間を増やすべきである。

しかし、あまり勉強しているように見えないのに成績が良い人もいるだろう。

そういう人がどういう勉強方法を採用しているかについて書きたいと思う。

 

結論から言うと、とにかく予習中心の学習を心がけることが勉強時間を減らすコツである。授業が始まる前に授業内容をほぼ完璧に理解している状態が理想である。そして、授業は復習として使うのである。

では、どのように予習すればよいのか。

 

頭のいい人は教科書をさらっと読めば、理解できるのかもしれないが、凡人はそのようにはいかない。そこで私が推薦するのが進研ゼミである。

進研ゼミは先取り学習ができるように設計されている。また、初学者でも短時間で理解できるような解説がされている。これを使い、授業前に授業内容を完全に理解すれば、勉強時間を短縮できる。しかし、ここでひとつ問題がある。

 

それは、毎日進研ゼミを続けられるかという問題である。予定どおりに進まなければ、予習にならないので、進研ゼミをする意味が半減する。

 

そこで、私がおすすめするのが1年先の学年の勉強をすることである。

進研ゼミはひとつ上、ひとつ下などの違う学年の講座を受講できる。これを利用することで、多少予定どおりに進まなくても、授業の先取りが可能になる。特に、夏休み等の長期休暇の際にできるだけまとめて取り組むことで、無理なく予習ができるだろう。

 

なお、学校の宿題は自力で解くべきだと感じたものだけ自力で解くべきである。暗記科目は初めから、答えを写してから覚えたほうが効率よく、スピーディーに覚えられるし、数学の問題は自分にとって簡単すぎる問題や難しすぎる問題は自力で解くのは時間の無駄なので、答えを写してから、理解すべきである。

数学が好き、或いは、得意になる動画

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

まずは、ヨビノリさん。大学で習う数学、物理を主に解説してくれる。チャンネル登録者数が20万を超える超有名youtuber。分かりやすい解説に加え、視聴者を楽しませるユーモアも兼ね備えた逸材。

 

 

次にMasaki Kogaさん。基礎的な入試問題を分かりやすく解説してくれる。

問題の解説の際に、その分野の基本となる公式や考え方についても解説してくれるので、受験生には非常に有益な動画となっている。

 

 

 

最後に、鈴木貫太郎さん。難関大学の入試問題を主に解説している。数学が苦手な人でも理解できるように丁寧に解説されているので、おすすめ。

 

上にリンクを張っておくので、ぜひ参照してほしい。

 

 

 

 

 

 

浪人生の勉強方法(凡人に向いている方法)

凡人は、他の人に比べ、理解力が優れているわけではない。また、絶対に合格するという強い意志、モチベーションを保ち続けることも難しい。

そのような人が宅浪という選択肢をとってしまうと合格可能性が間違いなく低下してしまうと思う。なぜなら、決まった時間に起きて決まった時間に勉強をするという生活を毎日続けるだけでも普通の人には非常に大変なことだからだ。

だから、難関大学に絶対に合格したいという気持ちがあり、かつ、自分が凡人であるという自覚を持っている人は、予備校に通うべきであると思う。

河合塾駿台といった大手予備校には必ず、浪人生用のコースがある。そのコースの費用は確かに高いが、その授業を受講し、予備校の講師の言うとおりに予習、復習を一生懸命にこなせば、確実に成績は伸びる。どれくらい伸びるかは現役時代の基礎学力とも関係するので、一概には言えないが、センター試験(現:共通テスト)の合計点数が100点くらいは普通に伸びると思う。

私は100点ぐらい伸びたし、合格体験記を見ても、それ以上に成績が伸びている人は珍しくない。凡人であっても本気で受験勉強に臨めば、100点以上点数を伸ばすことはそれほど難しくない。

今、成績が伸び悩んでいる人も絶対に結果を出すという強い気持ちで、あきらめずに、勉強に励んでほしい。

 

駿台予備学校 by AERA (AERAムック)

駿台予備学校 by AERA (AERAムック)

 

 

大学受験 浪人 (凡人の私が浪人して伸びるのか?)

studysapuri.jp

現役時代にセンター試験(現在の共通テスト)でよい点がとれず、浪人しようと決めた人は多いのではないだろうか。

私はせっかく7科目勉強したのだから、どうしても国立大学に入学したいという気持ちから浪人した。しかし、本当に浪人したからといって、成績が伸びるのかという不安があった。

成績が伸びるかどうかは本人の努力次第なので、何とも言えないが、凡人であっても、死ぬ気で勉強すれば成績は絶対に伸びる。実際、私はセンター試験で8割を常にとれるようになった。

浪人生は予備校に通う人と宅浪する人がいると思う。意志の弱い人は予備校に通うことをお勧めするが、宅浪であっても、意志の強い人であれば十分に成功できると思う。

しかし、理系科目等は自分で努力しても、伸びに限界があると思うので、宅浪をすると決めた人であっても、自分の努力でどうにもならないと感じた科目がある場合には、その科目だけは予備校の授業を利用するべきだと思う。

現代は映像授業があるので、必ずしも高い授業料を支払って、予備校に通う必要はない。特にスタディーサプリはお勧めなので、ぜひ試してほしい。

現代文で高得点をとるために意識するべきこと

現代文で点をとるためにすべきことは以下の3点。

①大量の文章を読む。

②語彙力をつける

③論理構成能力を身につける。

 

まず、①については、入試に出題されそうな人文科学分野の文章を大量に読むことで、読むことに慣れるとともに、そういった分野の知識を身につけるべきである。

出題される文章に関連する知識の有無は読解力に影響するので、様々な知識を持つ人のほうが初見の文章でも理解するのが速い。短い時間で解答するためには、とにかく多くの文章に触れ、様々な知識を頭に入れるべきである。

 

②の語彙力については、現代文の単語帳が売っているので、それを購読するのが手っ取り早い。私が高校生のときに使用していた以下の書籍をおすすめする。

 

読解を深める現代文単語〈評論・小説〉

読解を深める現代文単語〈評論・小説〉

 

 ③についてはまず文章の典型的な構成を知るべきである。

具体的には以下のような文章構成となることが多い。

1序論、本論、結論型・・・問題提起の後、議論し、最後に自分の考えを述べる。

2結論、本論、結論型・・・最初に結論を述べ、最後により深めた結論を述べる。

3他説・自説証明型・・・他説を批判し、自説を証明する。

4説、例証、結論型・・・ある説を述べ、その例を提示し、結論で締める。

 

また、以下の3点にも注目すべきである。

1接続詞・・・順接、逆接、転換、換言の4つ。

       特に逆接(例、しかし)や換言(つまり)の後は結論の場合が多い。

2言い換え表現

筆者は自分の主張を読者に伝えるために言い換えて、何度も同じことを述べる。具体的、比喩、理由、引用文等はすべて結論の言い換えと考えられる。これらを基に結論を素早く探せるようになれば、読解力は格段に向上する。

3対立関係

前述のとおり、他説を批判して、自説を述べるパターンが多い。自説には直線、他説には波線を引くなどして、自説と他説を分類しておくと、問題が解きやすくなることがあるので、ぜひ試してほしい。

ドラゴン桜2の6巻で国語教師太宰府治先生も似たようなことを言っている。漫画で楽しみながら、読解力について学べるうえに、この漫画に出てくる国語教師は非常に面白いので、ぜひストレス発散がてら読んでみてほしい。

 

ドラゴン桜2(6) (モーニング KC)

ドラゴン桜2(6) (モーニング KC)

 

 

 

 

公務員試験 面接編 (面接対策に時間をかけすぎないように注意)

braindiver.hatenablog.com

公務員試験の面接対策について述べたい。なお、公務員試験の筆記試験対策については上の記事にまとめてあるので、参照してほしい。

私は以下の3つのタイプの人間がいると思う。

①何もしなくても面接を上手くできる人

②面接対策をすれば、上手くできるようになる人

③対策してもうまくしゃべれない、もしくはしゃべれても相手によい印象を与えられない人

 

①については対策不要である。②の人は以下の面接対策本を使いつつ、模擬面接をすれば、十分である。

 

公務員試験 現職採点官が教える! 合格面接術 2020年度

公務員試験 現職採点官が教える! 合格面接術 2020年度

 

 では、③の人はどうすればいいか。私は③の人間であった。筆記試験は難なく通過しても、面接試験で落ち続けた人間だ。この人については、もちろん面接日の直前は面接対策をする必要があるが、それ以外は筆記試験に集中することが重要だ。

公務員試験は人物重視になってきてはいるが、筆記試験の重要性が高い官庁も依然として多い。

特に国家一般職は最終合格を決める際に、面接の配点が9分の2であり、最終合格した後の官庁訪問でも数多く受ければどこかは拾ってくれる。また、筆記試験の点数を重視してくれる官庁も存在する。

だから、面接ができなくても絶望する必要はない。自分の得意な筆記試験の点数を極限にまでのばせば、必ずチャンスはある。私はそのように思っているし、実際、筆記試験の点数だけで公務員試験を突破できた。

面接が苦手な人もどうかあきらめずに、努力を続けてほしい。